2019年みそ作り無事終了!

2/9(土)雪の予報で、寒いにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました。おかげさまで今年は良質の大豆もたくさん収穫できました。

冷たい雨の中外で大釜で茹でました。

茹で上がった大豆に米麹を混ぜ合わせ、人肌に冷まします。

味噌すり機でつぶし、味噌玉にしてたるに投げつけます。

おいしいみそにな〜れ!

仕上げにカビ防止の笹をのせました。

 

お昼ご飯は豪華にかき揚げと、豚汁〜

サウナで汗をかいた後はおいしい夕食で盛り上がりました〜

雪が降ったのは夕方近くでした。寒いけど熱いイベントでしたよ〜

次回は4/6(土)お花見イベントです。お待ちしています!

広告

大豆収穫、忘年会イベントレポート

2018年最後のイベントになりました。

まずは、いい感じに枯れている大豆の収穫から。今年は、何とのこぎりで大豆の茎を切ります。例年は根から抜いていましたが、今年はやり方を変更しました。というのも、大豆の根には根粒菌という土壌有効菌ができるので、それを畑に残したいという意図からです。動画でご覧ください。

収穫した大豆は、軽トラに積み込んでハウスに運び込み、乾燥させます。のこぎりで切るのは最初は手間取りましたが、慣れてくれば簡単です。脱穀も、今は機械でやってしまうので、土がない方が作業がしやすいです。

午後から、今回初めて企画した、しめ飾りつくりです。

鴨川に引っ越してきて、自分でもコメを育てている畑中亨さんが講師です。まずは、秋にみんなで収穫した稲藁を選別するところから。

二人一組で作業を進めていきます。

だんだんと形ができてきました。

シンプルなしめ飾りです。家に飾るにはちょうどいい大きさで、とても楽しかったです。

夜の忘年会には、今回も!元Cafeスタッフのがみちゃんより釣りたてのイナダのお刺身が!

ぜいたくすぎる・・・

他にも、なべなど色々出てきましたが、食べるのと話すのに夢中で撮影できず。これは、みんなで体験するしかなさそうです。

一年間、今年もありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

また来年も、よろしくお願いいたします!

新年会は1/19-20です。

麦踏み、追肥を行う予定ですよ~。

11月24日ー24日 王国麦まきイベント終了!

今回は麦まきイベントです。昨年よりさらに多く作付けするようにしました。収穫された小麦をうどんにして、サポーター特典で配布するのと、カフェのメニューにするためです。実際ここでとれたうどんは味がしっかりしていて深みのあるうどんになります。

まずは、畝に三条のすじをつけます。このところの雨で畑がうまく乾いていないので、畝の上を踏みながらすじを作っていきます。踏み台昇降運動をやっているような気分になります。

これが小麦です。麦を見るとすぐに、「一粒の麦落ちなば…」と反射的に思ってしまうほど、実りが楽しみになります。

お椀に入れて、すじに沿ってまいていきます。

丁寧にまきます。

母子も一緒にまきます。

まかれた麦はこのような状態です。今年は昨年よりすこし薄くまきました。昨年は播種量に対する収穫量が少し少なかったためです。

まき終わった後に、覆土代わりにもみ殻をまきます。もみ殻の厚さは1センチほどです。

畝にきれいな筋がつきました。1月に麦踏みと追肥を行い、草取りを何度かして収穫を迎えます。今から来年が楽しみです!

作業後は、サウナでゆったりあたたまります。日中は暖かでしたが、やはり夜は冷えるので、サウナはとてもうれしいです。特に自然王国のサウナは薪ストーブなので、緩やかに温度が上がります。また、ストーブの上に載った石に水をかけて蒸気を立たせると、体感温度も上がり、とても気持ちいいです。ちょうど一年前にサウナを導入しましたが、これはほんとうに珍しい体験だと思います。

そして、宴会!

猪鍋です。豆乳ベースでとてもおいしかった。イノシシは八恵が捕って解体したものです。やわらかくて、臭みも全くありません。ちなみに、お昼は猪カレー。下のチャーハンは、最近Cafeスタッフになってくれた食養料理研究家の吉度ちはるが作ったものです。おいしかった!

さらに!この下のカサゴとカワハギは!

以前Cafeスタッフだったガミちゃんが作ってくれたもの。当然魚は釣りたてです。王国は山の中にありますが、ガミちゃんのおかげで海のものも食べることができます。代表のミツヲも楽しそうです。

そんなわけで、楽しく麦まきをし、美味しく料理をいただいたイベントでした。次回は12月8日ー9日の忘年会となります。大豆収穫をしますよ!

text by sudo takehiro

さつまいも収穫&お米お渡し式イベントレポート

稲刈りを終えて、今回はお米のお渡し式です。
5月から行ってきた、お米作りの総決算といった位置づけなのですが、10月20日に王国の大収穫祭を控えているためか、
参加者はいつもより少数でした。といっても、10人以上の参加があり、とてもありがたかったです。

早速、サツマイモ収穫を始めました。まずは、鎌でつるを切り、畑の外に運び出します。

一本のつるから何本ものつるがでるので、これが意外に重いのです。


その後は、畝に対して、二人で向かい合って、剣スコップという大きなスコップで掘り上げていきます。


サツマイモが顔を出しました!
大きな芋が出てきたときは歓声が上がります。せっかく掘り上げた芋を傷つけないように、丁寧にコンテナに入れていきます。
サツマイモは、冬の時期の大事な作物となります。caféエンの食材にも使うし、野菜宅配ボックスの一品ともなります。作業する人数がそれほど多くなかったので、予定面積を終われるかどうかというところでしたが、どんどん作業スピードが速くなったため、予定通りに収穫を終えることができました。
この日は台風25号の影響とかで、気温が30度以上になったため、なかなかハードな作業になってしまいました。

作業後は、すでに温めてもらっていたサウナへ、男女別に入っていきます。80度まで上がるサウナなので、体の芯まで温まるようです。スタッフの私まで堪能させてもらいました。

今回は、caféエンで宴会を行いました。久しぶりにアースオーブンを使ったピザを焼きました。

サポーターSさんの娘さんが積極的にピザのトッピングをしてくれて、参加者のKさんが焼き上げてくれました。
さくっとした仕上がりはアースオーブンの蓄熱のエネルギーを感じさせます。
またTさんがさんまをさしいれてくれたり、昔caféエンのシェフをしてくれていたがみちゃんが釣りたてのタイの刺身を作ってくれたりと、なんだか盛りだくさんなイベントとなりました。

そのままの盛り上がりでお米のお渡し式を行いました。お持ち帰りの方にお渡しすることができて、よかったです。

さて、次回は麦まきイベントです。今年からサポーター特典でうどんを入れさせていただきましたが、
この麦まきから、来年のうどんに向けての作業が始まります。
日程は、少し時間があいて、11月24~25日です。ご参加お待ちしています!

text by Sudo Takehiro

王国サポーター稲刈りイベント2018/9/1-2

待ちに待った稲刈り、収穫の日がやってきました。
自然王国のイベントの中では、最もワクワクするものの一つです。
田植えは苗を植えていくだけですが、稲刈りには刈って、束ねて、干すという工程があり、干した後脱穀、籾摺りという作業を経てようやく玄米になるのです。今回の稲刈りでは、干すところまで一緒にやります。
今回は田植え以来の参加の方、一年半ぶりの方、長野県から参加していくれたご家族など、30人近く集まった大きなイベントとなりました。
代表のミツヲが丁寧にやりかたを説明します。

今回は動画でご覧ください!

稲刈りが始まりました。


どんどん稲が刈られ、あぜ際に置かれていきます。

あ、この人は!

王国カフェエンの元店長がみちゃんです!
久々のイベント参加でした。
相変わらずのパワフルさでしたよ。


イナゴたちは、愛を育んでいます。

刈った稲は束ねて、ハザ掛けにしていきます。
竹を立てているところです。

竹を立てる代表のミツヲ。
この竹をきちんと立てることで、台風が来ても被害を受けにくくなります。

稲刈り、無事終了!

記念撮影の顔も、やりきった充実感にあふれています。

片付けを終えたら、サウナに入って、バーベキューで大宴会!

サポーターイベントとしての稲刈りはこれで終了ですが、自然王国全体ではまだ始まったばかり。
来週末に、コンバインを使って一気に刈り終えてしまう予定です。

次回は、10月6日〜7日のお米お渡し式でお会いしましょう!

大豆の草取りイベント2018/7/21-22

今回のイベントは、先月雨の中で定植した大豆の草取り作業です。
この時期の一ヶ月は、野菜たちも驚くほどの生長を見せると同時に、雑草の伸びも驚くほどです。ここでしっかり草を取ることで、さらに大豆の生長を促すことができるのです。

それにしても、灼熱と言っても過言ではないほどの暑さでした。作業を進めることはもちろんですが、熱中症になっては大変!というわけで休憩を入れながらの作業です。

今日は久しぶりに加藤登紀子も参加しました。
ミツヲ代表にやり方を伝えてもらいます。

みんなでやると、どんどん進みます。
いつも思いますが、大勢でやる作業は、たとえ作業が大変であっても、楽しいものです。自分だけじゃない、という安心感が目の前の作業に没頭させてくれるのかもしれません。

おかげさまで、誰も体調を悪くすることなく、無事に予定されていた作業を終えることができました。

昼食後は、草取りの続きを行うグループと、田植えをするグループに別れました。
田植え?
そうなんです。
一般的には出穂するかという時期なのですが、今回はサポーターのHさんの提案によって、とよさとという品種を植えてみることになりました。
先月のイベントで種もみを田んぼに蒔いて、苗代で育ててきました。

苗代から苗を引き抜き、それを30センチ間隔で植えていきます。
王国の普段の田植えは前に進みますが、今回はHさんの指導で後ろ向きに進んでいきました。

暑かったので、田んぼの水がぬるい!
4人で30㎡ほどの広さに田植えをしました。
これから、生長を見守っていきたいです。

夕食は、みんなでバーベキュー。
そして、今回はジビエバーベキューです。君津市にある猟師工房さんで購入したイノシシと鹿を焼きました。
加工の仕方が良いのか、柔らかくてとても美味しかったです。

私は別仕事のため、途中で帰ってしまったのですが、その後の宴会では登紀子さんやYaeさんも歌ってくれたり、さらには猟師工房のNさん持ち込みの昆虫食などもあったりと、大盛り上がりだったようです。

新体制になり、どうなることかと思っていましたが、参加者の皆さんのご協力もあって楽しいイベントになりました。
8月は大山地区の祭礼があり、特に王国のイベントはありません。
9月は、いよいよ稲刈りです。
みなさんとともに収穫するのを楽しみにしています!

text by Sudo Takehiro

2018/6/23-24 田の草取り2回目&大豆定植イベント!

2回目の田の草取りがやってきました。
さあ、やるぞ!と意気盛んでしたが、天気が思わしくありません。というか、10時頃にはもう雨が降り始めていたのです。

小雨の中、レインコートを着て田んぼに入ると、あれ?
草が、あまりない・・・水がたっぷり入っているからか、それともザリガニがたくさんいるため、草が生えていないのか・・・
一部の田んぼを除いては、ほとんど草が生えていなかったため、午前中の二時間弱で草取り作業が終わってしまいました!
こんな年は、振り返ってみても初めてのことです。確かな理由はわかりませんが、事実、草がほとんど生えていませんでした。
これが、作業を終えた後の田んぼの写真です。
ところどころ苗がないのところが、ザリガニの被害に遭ってしまったところです。

昼食後は、大豆の苗定植!
雨が結構降って来ていましたが、なんのその。
午前中田んぼで濡れているので、そのまま畑に突入!
今年から、大豆定植には新しい方法を採用しました。
畑を耕した後は畝を立てず、70センチ間隔に田植えの時のように紐を張って、30センチごとに苗を植えていきます。
一時間ほどで、2000本ほどの苗を植えました。

そして、早めに作業を切り上げた後は、お待ちかねのサウナタイム!
すでに火をつけてくれていたため、作業後、雨で冷えた体をサウナで温めることができました。王国のサウナはロウリュ式で、サウナストーンに水をかけて蒸気を発生させます。室温は70度ほどなのですが、蒸気が発生すると発汗が促されます。また、サウナの中で色々話ができるのもたまらないです。
王国イベント限定での運転になりますので、一度お試しくださいね。

実は、今回のイベントは翌日曜日も大豆定植をする予定だったのですが、残念ながら翌朝は土曜日より強く雨が降っていたために、作業をせずに解散ということになりました。
その後、スタッフで大豆を植えました。

後、1000本ほど植える予定です。
さて、7月のイベントは、今回植えた大豆の草取りです。

今年は200キロ収穫目標ですので、みんなで草取りをがんばりましょう!