田植えイベントレポート

今日はゴールデンウィークが明けた最初の月曜日です。
3日を除いては好天続きだったゴールデンウィークでした。

この間のイベントを列挙すると、
4月28日〜29日は、自然王国サポーターイベント田植え。
4月30日には、加藤登紀子と田植え企画。
5月4日には、Yaeファンクラブ田植え。
5月5日〜6日は早稲田大学大隈塾田植え。
その間、5月1日〜2日は体験用以外の田んぼの田植え。
といった流れでした。

今から振り返ってみると、1週間前がだいぶ前だったような気がするほどです。
今回のサポーターイベントには40名近くの参加者が集まり、王国田んぼの半分以上を植えました。さらに、この日はスペシャルイベントとして、近隣の平群地区から「彩響會」の皆さんが囃子を披露してくださいました。15名以上の方が訪れてくれ、大迫力の演奏でした。


翌日の加藤登紀子田植えは、新潟からの参加者も交えて田植え。こちらは一般公開はしていませんが、何年も続いている企画です。
4日には、Yaeファンクラブの田植え。こちらは、15回目の田植えとなりました。初回から参加されている方とは、私たちも少なくとも年2回、田植えと稲刈りでお会いしていることになります。この日は、田植えを終わらせた後は、ケータリングの昼食をお願いしました。お隣の鋸南町を拠点にされていて、地元の食材を中心にお料理を提供してくれました。一品一品に心が感じられて、とても美味しく、田植えの後の話にも花が咲きました。

そして、最後のイベントになったのが早稲田大学大隈塾の田植えです。こちらも15年ほど続いている行事になります。社会人対象のプログラムと、講義受講学生との合同プログラムになっており、社会人にとっても学生にとっても刺激を受け合うプログラムです。
1日目は社会人の方たちが乗ったバスが大渋滞に巻き込まれてしまい、予定されていた田植え体験ができず、学生のみで田植えを行いました。そして、2日目の朝7時から早朝田植え!を行いました。初めての取り組みになりましたが、朝日を浴びながらの田植えもなかなかの盛り上がりを見せました。

というわけで、田植えざんまいのゴールデンウィークとなりました。この日までに、色々と準備を積み重ねてきて、参加された皆さんと田植えして、お話できたことがとても楽しかったです。
スタッフ側から見れば、田植えざんまいでしたが、参加者の皆さんにとっては、ほとんどの方が1回限りの体験です。一度きりの体験をどんな風に味わっていただくかが、王国の取り組みどころかなと感じました。

次回のサポーターイベントは、田の草取りイベント!
5月26日〜27日になります。皆さんと会えるのを楽しみにしていますよ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中