7/22-23 大豆の草取りイベントレポート

今月のイベントは大豆の草取りです。
六月末に定植した大豆は元気に育っています。
ところどころウサギにやられてしまっているのが切ないですが。
去年より作付け面積を増やしているので、ここはしっかりと草を取って、
大豆に栄養を行かせたいところです。

大豆と草を間違えないように注意しながら、畝の上に生えている草を取ります。
とった草は、大豆の株元に寄せてやります。
草マルチと言って、こうすると株元周りの水分が逃げにくく、ある程度の草抑えになります。

今回は、ありがたいことにサポーターの皆さんが、たくさんの参加してくれました。
みんなで、一斉に畑に入って作業している様子は壮観です。
午前と午後の作業で、予想していたより多くの面積を進めることができました。
自然王国の一番の強みは、「一緒に作業をしよう!」と思って通ってきてくださるサポーターの皆さんの存在です。
我々スタッフも日々の作業は進めていますが、ここぞという時にはサポーターの皆さんの助けを得ることが必要です。

王国の活動で、米〜大豆〜麦の栽培の一年の流れを経験することで、自然と農業や農に関わる暮らしについて学び、考えることができるのではないかと思います。
一頃のような運動的なものは行なっておりませんが、私たちが生きるのに必要な、米、大豆、麦を半分でも自給しようじゃないかという精神は健在で、今もそれが根本にあります。


いよいよ夜は、お待ちかねの生ビールと焼き鳥!
何度か書いていますが、王国で使う鶏肉は、この地域では一軒しかない、生きた鶏を仕入れて捌いているお店から購入したものです。
それをみんなで串打ちして、炭火を起こして、焼くのもみんなでやります。
捌きたて、打ちたて、焼きたての焼き鳥は、格別の美味しさです。
みんなで焼き場に集まってきてワイワイやりながら、味わうのはとても楽しいし、作業の疲れも吹っ飛びます。
夏野菜料理も豊富で、ポテトフライ、ししとう炒め、バターナッツスープ、つるむらさきのおひたし、ナスと玉ねぎの揚げ浸しなど、もうたまりません!
もっと多くの人に自然王国を体験してもらいたいです。

イベントが明けた月曜日の朝、残った大豆の草取り作業をスタッフで進めました。
草が取られてスッキリした大豆の様子から、冬の収穫の様子が想像できます。
稲刈り後くらいに、もう一度草を取ることになると思います。

さて、暑い日が続き、雨がずいぶん降っていない鴨川です。
田んぼがうまく乾けば、昨年のようなひどいコンディションで稲刈りをせずに済みますが、出穂時期に水がないと、うまく実入りせず、味も収量も落ちてしまうので、
そのバランスが難しいのです。
とにかく、今は雨が降るように祈るしかありません。

そんな中、来月5日には大山地区祭礼が行われます。
まさに、この祭礼は雨乞いの祭礼なのです!
お神輿の担ぎ手に応募された方、宜しくお願いします。
参観も歓迎しますよ!

*スタッフも祭礼に参加するため送迎はできませんが、ご了承ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中