6/24-25 田の草取り・大豆の定植イベントレポート

6月24日〜25日に、田の草取りイベント第二弾イベントが行われました。
サポーターの皆さんが集まってくれて、20人弱のイベントになりました。
毎月イベントで顔を合わせていると、顔なじみになって、特別な人になったような気さえします。一緒に自然王国活動をやらせてもらってるんだな、と感謝しています。

先月の第1回目の草取りでは、
田んぼをワシャワシャと手を熊手のようにしてかいていくのですが、
2回目は、稲がだいぶ大きくなっているので、稲をかき分けながら地面をかいて、伸びてきた草を取っていきます。
顔に当たって痒くなったり、痛かったりするので、
中にはマスクをして作業に臨む人も!
作業参加人数12人で4反歩に臨むのは、結構厳しいです。

一回の作業は、一人で4列進むので、合計で48列進みます。
稲1列の間隔は約30センチなので、1440センチ、つまり約14メートルということになります。
この長さは、短いようですが、長いのです。
当たり前のことですが、やはり、人の多さが作業の進捗を決めます。
自分が自分の持ち場をやりきった時、周りを見ると同じようにそれぞれの持ち場を進めれば、ぐんと全体の作業が捗っている、ということを思った時には、他には代え難いお喜びと感動を味わいます。
普段は私はひとりで作業しているので、大勢で作業すると、本当に楽しいです。
草が多かったりして、なかなか苦戦しましたが、
予定されていた所まで、なんとか作業を終えました!

この日の宴会は、収穫したばかりのじゃがいも料理。
この時期のじゃがいもは何にしてもホクホクで甘くて、
幸せな気分になります。
ポテトフライ、ジャガイモの大学芋風、ズッキーニの炒め物。
そしてこれらをつまみに生ビール。
う〜む、最高だ。

翌日は、大豆定植を予定していましたが、
あいにく、かなりの雨降りだったため、
急遽予定を変更して、大麦の脱穀をしました。

使ったのはこの脱穀機。
一体何年前のものでしょうか?
自然王国の近くにあるNPO法人大山千枚田保存会さんから借りて来たものです。
雨の中、ハウスの中で脱穀作業を行いました。
この大麦は、それほど多くはありませんが、加工する予定です。
何に加工されるかはお楽しみ。

ところで、先日収穫、脱穀した小麦は、うどんになって王国に帰ってくる予定です。

そう、自然王国では
米、大豆、そして麦に挑戦します!
何だかんだと、やりたいことをやっていくことが一番です。

大豆は明けて月曜日に、スタッフと近くに住むサポーターの皆さんで無事植え終えました!
そして、来週22日、23日は、大豆の草取りイベントです!
今年は大豆の面積を2反歩に広げ、大増産計画を立てています。
この増産を達成させるためにも、皆さんのご参集を是非ともお願いいたします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中